世界中のファッションセールを網羅し、お得にトレンドアイテムをゲットする方法を紹介します。


現代では「ネックレス」と称される首飾りの古い言い方には、いくつかのバリエーションがあります。

  • 首飾り:最も一般的な言い方。平安時代には「くびかざり」と呼ばれていました。
  • 頸玉(くびたま):玉を連ねた首飾り。特に勾玉(まがたま)などの宝石を指すことが多かったようです。
  • 貫首(ぬきくび):紐や糸に通して首に掛けるタイプの首飾り。現代でも「貫頭衣」という言葉が残っています。
  • (くしろ):金属製の輪状の首飾り。古代から用いられており、富の象徴とされていました。
  • 胸飾(むねかざり):胸元に飾る首飾り。現代ではペンダントトップに相当します。

これらの古い言い方は、時代や地域によって使い分けられていました。特に「首飾り」という言葉は、江戸時代以降に広く普及したと考えられています。

現代では、これらの古い言い方はあまり使われていませんが、文学作品や歴史書などでは見ることができます。時代背景を理解するために、知っておくと役に立つかもしれません。

【関連記事】:円安で手に入れる、人気アクセサリー

2024年グローバルブランド注目リスト
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
2024年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
タグ